ホテルでテレワーク (リモートワーク)をする利点/メリットとは?

ブログ リモートワーク/テレワーク

考えてみれば、昔から文豪(クリエイティブな仕事)は、旅館(ホテル コンドミニアム)で、一月程籠もって仕事をしていました。

そう考えると、テレワークは新しい仕事の仕方ではなく、昔から良い仕事をしたいと思っている人にとって特にクリエイティブなことを仕事としている者にとっては、自然な試みであったのでは?

昔は、山奥で人気のない田舎の旅館でないとなかなかひとり静かに仕事に集中できなかったのかもしれません。

それに比べ、今は、コワーキングスペース シェアオフィスetc…色々あります。その中でも以下のような方におすすめなのがホテル滞在。

  • 昔の文豪のように長中期にわたり仕事に集中したい人
  • 2、3日でも集中し仕事をしたい人
  • オンライン会議など、仕事で声を出す必要がある人

今回は、ホテルでテレワークをする利点・メリットを3つご紹介します。

ホテルでテレワークするメリット【1】オンライン会議などがしやすい

家以外のコワーキングスペースやカフェでやりづらい仕事といえば、オンライン会議。でも家だと家族がいたり、オン/オフの区切りが付けられない・・・

そんな方におすすめなのがホテル利用。最近ではテレワークの方のためのデイユースプラン、ビジネス滞在プランも多く出てきています。

たまには家を離れて、数日間〜1週間は仕事に集中したい方、オンライン会議など声を出す仕事が立て続けに入っている方は、ぜひ作業机などがあるビジネスホテルを活用してみましょう。

ホテルでテレワークするメリット【2】好きなタイミングでシャワーや仮眠がとれる

ホテルのお部屋のいいところは、個室で、さらにベッドや浴室があること。最近では、コンドミニアム(民泊)型のホテルも増えているので、ミニキッチンがあったり洗濯機完備など、「住む」と「働く」のバランスをとりながら滞在することもできます。

仕事が一息ついたタイミング、疲れが溜まってきたタイミングで、シャワーを浴びたり、仮眠をとったりできるのは嬉しいですよね。

ホテルでテレワークするメリット【3】宿泊費が経費になる

テレワークの作業場としてホテルを利用する場合、宿泊費を経費にすることもできます。こちらは会社員か経営者かによって状況が異なりますが、起業している方・会社が負担してくれる方は、どんどん積極的にホテルを利用して、作業効率を上げていきましょう。

まとめ

以上、今回はテレワークでホテルを利用するメリット・利点についてご紹介しました。

2020年の新型コロナウイルスの影響でテレワーク・リモートワークになった会社員の方はもちろん、ご自身でオンラインでお仕事をされているフリーランス・個人経営の方もぜひホテルを活用してみてください。

沖縄の泊まれるオフィスもあるよ

沖縄・那覇にある「泊まれるオフィス」キーストーンを、あなたの別宅としてご活用ください。ミニキッチン・洗濯機&乾燥機付き・作業デスク・Wi-Fi完備のコンドミニアム型ホテルで1週間30,000円のウィークリープラン好評提供中!

関連記事

カテゴリー